Windows 10 Mobile搭載「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」が気になる

どうもこんにちは、寒くて家飲み中心生活を送っているやまたろうです。

気がついたらWindows Phone「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」が発売になってました。
何となくほしいなーと思っていたので、今回本腰を入れて調べてみることにしました。

追記:格安SIM「U-mobile」でNuAns NEO(ニュアンス ネオ)がお得に買える!!

ニュアンス ネオのOSは「Windows 10 Mobile」

top

「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」はiPhoneやiPad、Andoroidなどのスマホやタブレットのアクセサリー(ケースとかケーブルとか)を開発・販売している「トリニティ株式会社」が開発したSIMフリーの「Windows Phone」です。

要するにスマートフォンなのですが、iPhoneやAndoroidと大きく違うのはOSに「Windows 10 Mobile」が搭載されているのです。
(iPhoneはiOS、AndroidはAndroidOS)

Windows PhoneといえばNokia Lumiaが有名でしたが、こちらはWindows Phone8。
ぼくも購入する寸前まで行ったのですが、アプリがとても少なくて断念した経緯があります。

「Windows 10 Mobile」とはなんだ

マイクロソフトの最新OS「Windows 10」のスマートフォン、タブレット向け版です。
最大のキモはデスクトップ版とモバイル版でOSが統合されているということです。

つまりパソコンでもスマートフォンでも、UI(ユーザーインターフェース)は変わらないですし、デスクトップと遜色ない機能を使うことができるのです。

また、Continuum(コンティニュアム)という新しい機能があって、モニタやキーボード、マウスを接続してPCとして使うことができるのです。

cont-phone
単純にスマートフォンの画面がディスプレイに表示される、なんてものではなく外観や動作もPCと同様のものになります。

スマートフォン + PC = Windows 10 Mobile

みたいなイメージ。
写真やらメールやら同期させる、という必要もなくなるしこれはかなり革新的。

アプリが少ないって言ってたのは大丈夫?

ぼくがWindows phoneを購入しようとしていた2年前くらいはアプリが少なかったりあっても使いにくかったり不具合だらけでどうしようもなかったんですが、これから購入する分には大丈夫!!
マイクロソフトが開発している「Project Astoria」というツールを使えばAndroidアプリがそのままWindowsフォンで動くようになるそうです。

まだ開発中らしいのですが、アプリの少なさを心配することはなくなるでしょう。

ニュアンス ネオが欲しい理由

現在、Windows 10 Mobileを搭載しているスマートフォンはあんまり発売されていません。

ニュアンス ネオ以外のWindows 10 Mobileフォンはイマイチ

ぼくも使っているFreetelから「KATANA 02」というのが2016年1月に発売されましたが、この機種はContinuum(コンティニュアム)非対応。
それになんだか見た目がもっちゃりしているし。

Microsoftからは「Lumia 950」が発売されていますがとってもお高いのですよね。

その他、ヤマダ電機やマウスコンピューターなどからも発売されているのですが、どれもこれも魅力に欠けるのです。

ニュアンス ネオはまずデザインがいい

ニュアンス ネオは見た目もいいし、Continuum(コンティニュアム)も使えます。(現在は対応予定とのこと)

デザイン面で言えば「CORE」と呼ばれる本体に「TWOTONE」と名づけられた上下2つのバックカバーを組み合わせて使います。
下のカバーを外せば背面にICカードを挿入でき、手早く取り出せます。

twotone

また、TWOTONEではなく「FLIP」と呼ばれるフリップ型のスマートフォンケースを装着すれば2つのカードポケットと大きめの収納ポケットがついています。
スマートフォンスタンドとしても利用できるので利便性を求めるならFLIPですね。

カバーの素材も

  • ウッド素材のテナージュ® 2色
  • 上質の革っぽいクラリーノ® 4色
  • 高級感溢れるウルトラスエード® 2色

といい感じです。
組み合わせは上部にはスエードグレイ、下部にはダークウッドがいい感じ。

Simulation---NuAns---New-Answer-with-NuAns-NEO

機能面も大満足

まず、Continuum(コンティニュアム)が対応(予定)っていうのが大きいですね。

  • CPUは1.5GHz オクタコア(8個)
  • デュアルマイク搭載
  • ノイズキャンセル機能
  • NFC Type A/B/F対応
  • カメラは1,300万画素のCMOSセンサー
  • 2日間充電なしでも使える大容量バッテリー(容量3,350mAh)
  • 急速充電規格「Quick Charge 2.0」に対応
  • 混雑が少ない5GHz帯対応無線LAN
  • Bluetooth 4.1対応
  • パッケージが貯金箱になる

など機能面では不満はなさそうです。

「パッケージが貯金箱になる」っていうのが地味にユニークで好感度アップ!

スポンサードリンク

ニュアンス ネオを買う時の注意点

というわけで、機能的にも大満足、見た目もかっちょいいNuAns NEOですが、現在予約待ちの状況です。
早くても2016年2月末以降の出荷の模様。

それと、冒頭にも書きましたがこの端末はSIMフリーで、SIMカードは別途自分で用意する必要があります。
今流行の格安SIM、いわゆるMVNOと呼ばれるやつを買っておくのがオススメです。

ぼくはほとんど使っていないドコモの携帯電話(ガラケー)があるのでMNPで移転して使おうか検討中。

Windows 10 Mobileは今後、ユーザー数がどんどん増えていくと予想されるので、今のうちに買っておけば流行先取りできるかも、という気持ちもあったりしますw
どっちにしてもすごく便利になるのは間違いないのでNuAns NEO貯金でも始めようかなと思っています。

貯金箱…

それではみなさまがステキなモバイルライフを遅れますように!!

追記:格安SIM「U-mobile」でNuAns NEO(ニュアンス ネオ)がお得に買える!!

Windows 10 Mobile搭載「NuAns NEO(ニュアンス ネオ)」が気になる

しぬほど眠いが口ぐせのBAR好き30代がデザイン・Webとかやりながら酒におぼれる

Copyright© しぬほどねむい , 2016 All Rights Reserved.