ありがた迷惑!?バーの周年祝いではNGな贈り物

周年のお祝い
どうもこんにちは、最近チューハイにハマっているやまたろうです。

ぼくはお酒が好きでひとりでバーや居酒屋にほぼ毎日行くのですが、そうやって通っていると避けて通れないイベントが有ります。
そう、周年パーティです。

ぼくの暮らしている大阪のミナミというエリアではとにかく一大行事。
人もめちゃくちゃ集まりますし酒も飲んで飲まれて、とにかく派手なイベントなのです。

さてさて自分のよく行くお店、好きなお店の周年パーティならお祝いしたいと思うもの。
ですが、何をしたら良いかわからないひとも多いんではないでしょうか。

贈り物やプレゼントなどをするのか、現金や商品券を渡すのが普通なのか、何かをすると逆に押しつけがましいと思われるのか…

どうぜ何かを贈るなら粋でイナセで気の利いたギフトをあげたいですよね。
でも結構気持ちは嬉しいんだけど、正直これ貰ってもちょっと困る…というものも往々にしてあるんですよね。

そこで、元バーのマスターという贈られる者の立場から困るもの、嬉しくないものを紹介したいと思います。

生花・花束・花輪・鉢植え

周年祝いの花束
一番初めにこれが思いつきます。
花。

冒頭に書いたように周年てものすごく人が集まるものです。
普段はゆっくり座って飲めるようなお店でも立ち呑みスタイルになったり、入れ代わり立ち代わり人が出入りします。
コップの置き場所もないくらい。

そこに花。
花って結構スペースを取るのですよ。
大きい店舗でも正直、めちゃ邪魔…

花束だったら花瓶を用意しないといけないですが、当然そんなものはないのでコップで代用するしかありませんし。

花輪にしてもそうで、店内には置いておけないので店の外に置くことになりますが、当然敷地外ですので近隣からの苦情の心配をしなくてはいけません。
「周年だから…」と多めに見てくれるとは思うのですが、そうとも限らない場合もあるでしょう。

「長らくこの場所に根付きますように」と鉢植えを持ってこられる方もいるのですが、これも気持ちはとても嬉しいのですが場所を取ってしまいます。

何より祝い花ってどうにもならないんです。
もうちょっと嫌な言い方をするとお金を生まないのに場所だけ取るというありがた迷惑度高めなのです。

生花だった場合、その後の世話もしないわけにはいかないわけで、花の知識がないとただただ枯れていくのをみるだけ、という申し訳なさがもれなくついてきます。

周年をお知らせする葉書やポスターには「祝い花は辞退させていただきます」と書いてあることも多いので、目を通してみましょう。
いや、書いてても持ってくる人は持ってくるんですけどね…

開店祝い・開業祝いでよく胡蝶蘭や花輪が飾ってあるのをみるけど?

新規オープンのお店の前を通ると胡蝶蘭(コチョウラン)を飾ってあるのを見かけますよね。

高級店や料理店、とくに独立した場合などは、「この店の人はちゃんとした繋がりをもってるんですよ、良い店ですよ」というのをアピールするのに役立つのだそうです。

昔からのしきたりの部分も往々にしてあるのでしょうが。
根は太くて良く伸びることから、根付くように、また花が垂れているが日本人的な感性に合うのかもしれません。(頭を下げているのを現している)

花言葉は「幸福」「繁栄」だそうです。

「どうしても花が良い!!祝花を送りたい!!」というのであれば、回収まで請け負ってくれる業者にするのをオススメします。

似顔絵とか装飾品・置物

装飾品もあんまり喜ばれないと思います。
祝花と同様、経営側的に得にならない系だからですね。

見たことがあるのは

  • 似顔絵
  • 寄せ書きフラッグ(旗)
  • スタッフに似てるキャラの置き物
  • 脈絡のないグッズもの

などですね。

誕生日にも言えることですが「おっ…おう…」となるやつです。
捨てるに捨てられないっていう。

ただ、センスが良かったり店の雰囲気に合っているものだと喜ばれることもあります。
ネタに走ったりスタッフの個性に関わるようなものは、「外す」確率が高いように思います。

どちらにせよ、お店の趣味に合っていないと嫌がられる可能性が高いので避けたほうが無難です。

現金・商品券

ぼくはもらったことがありませんが、現金や商品券なども困るでしょうね。
もし渡そうとしたら「その分飲んでもらえれば嬉しいです」と丁重にお断りします。

ぶっちゃけ、現金に勝るプレゼントはないのですが、ぶっちゃけられないじゃないですか。
めちゃくちゃ受取りにくい。

それに受け取ってしまうと、誕生日やお祝いごと、何かにつけてギフトのお返しをしなくてはいけなくなるということにもなってしまいます。

「いいよいいよお返しなんてー」って言えば良いというものではありません。
あくまで客商売なんで返さないわけにもいかないのです。

それにぼく個人の感想ですが、現金のお祝いってなんだかスマートじゃない気がします。

スポンサードリンク

必要のないお酒

お酒の贈り物でも頂いて嬉しいものとそうではないものがあります。
嬉しくないお酒、それは店で使えない、必要のないお酒です。

  • 例えばウィスキーの種類が豊富なお店に麦焼酎を持っていったらどうでしょう。
  • 日本酒専門店ににブランデーを持って行ったら?
  • 特性の手作り梅酒持ってきたよ!!とか。

店で売れません。

いやほら、仕事終わりに飲んでね、とか家で楽しんでね、とかそういう気持ちかもしれません。

でもそれってスタッフの誕生日の時のプレゼントじゃね?という心の突っ込みがあったりなかったり。
周年ってお店の誕生日なのです。

お店で使える(売れる)かどうかをよく考えたほうが良いでしょう。

焼酎などでも「ウチはこの銘柄!!」って決めているお店もありますので、その銘柄を持って行ったほうが無難です。
例えば黒霧島を使っているところなら黒霧島を持っていく、など。

正直、店で使っているお酒を熨斗つけて持っていくのが一番無難です。

例外的ボトルキープ化することもある

例外的に「これ置いておいてくれたら次から飲むから」とボトルキープ化する慣習が昔からある、と聞いたことがあります。

つまりプレゼントしたお酒を、店が設定した通常価格で自分で飲む、ということです。
昔はこのスタイルが一般的だったと年配の方から聞いたことがあります。

仕入れもタダでお金が生まれるわけですから店は丸儲けなわけです。

ただ、嫌がる店もあるのかなぁ、という気がするのでやめておいたほうが良いのかも。

食べ物の差し入れ

食べ物の差し入れ、多いです。

周年って忙しくてご飯たべる暇もないだろうから食べてねっていうことですね。
ありがたいです、お腹へってます。

ただ、食べ物の差し入れでも本当に困るものもあるのです。

フードメニューにあるもの・被るもの

フードを出している店だと、食べ物の差し入れ自体がよく思われない場合もあります。
だいたいその場にいるお客さんでシェアすることになるので売上が落ちるからですね。

お祝いという性質上、そこまでうるさくは言わないでしょうが少なくとも経営のことも考えてメニューと被らないようにしましょう。

スイーツ・お菓子・アイスクリーム

スイーツ…いや、甘いもの好きですよ…
でも、イマ周年中。酒ノンデル。

そしてスイーツって要冷蔵の場合が多いじゃないですか。
周年中って人が普段よりたくさん来るので酒、ソフトドリンクなどの飲み物や氷、さらにはシャンパンなどの抜きモノなどで冷蔵庫も冷凍庫もパンパンなんですよ。

どこに入れるスペースあるねん…と。
ホールケーキなど持ってこられようもんならイラッとされること請け合いです。

牛丼とかのごはん系・ハンバーガー、しかも大量だとNG

わいわいやってる中で、モリモリ普通に食事しにくくないですか?
ぼくだったらそんな姿見られたくありません

要冷蔵・要冷凍と同じでアツアツのものが冷めてしまって、美味しくいただけなくなってしまいます。

それに次の日まで置いておけないもの、となると廃棄、捨てるしかありません
申し訳ない気持ちでいっぱいにもなります。

酔っ払った勢いなのかネタなのか牛丼10個とかもってくる方もいらっしゃいましたが、店は臭くなるわ、大量に残るわ、出オチだわ、散々でした。

調理しないと食べられない食材

ちょっと良い肉、とかお取り寄せ食材、とか調理しないと食べられない食材も困ります

何度も言いますが周年て超忙しいんです。
てんてこ舞いです。

正直、レンジでチンすらもちょっと大変

そこに差し入れ持ってきたよーみんなで食べよー作ってーなんて言われても、とても困るのです。
せめて手間のかからないもの、できれば皿などに移さなくても良い物にしましょう。

逆に有り難い食べ物ランキング上位は

とはいえ、お腹自体は空いてるので、先ほど言ったように、モノによってはめちゃくちゃ有難がられるものもあります。

よく聞くのが寿司、あとは意外に餃子ですね。
餃子は臭いが出るんでダメな場合もありますが

  • 冷めても美味しい
  • 一口で食べれる
  • 小さくてもボリューム感がある

というポイントを抑えておくのが大事です。

まとめ

さていろいろな正直これ貰ってもちょっと困る…ってものを紹介してきましたが、贈ろうと思っていたものが入っていたらゴメンナサイ…

基本的に「自分が誕生日にもらって嬉しいもの」を想像すれば最低限ありがた迷惑は回避できますね。

ただ、それだと自分の趣味の押し付けになってしまうので、喜びそうなものはなんだろう、と相手の顔を思い浮かべながら選べば良いと思います。

上に挙げたものの中にもちょっと見方を変えてアレンジすれば素敵なプレゼントになるものもあるかもしれません。
ですがお祝いする気持ちそのものが嬉しいので奇をてらう必要はないのです。

基本的に、かさばるものや残るもの、パーティ・祝いの場にそぐわないものは避けるのが無難です。
どうせなら喜んで嬉しがってくれるものを贈りたいですよね。

素敵な贈り物を用意してわくわく周年パーティにでかけましょう。
どうか楽しい夜を過ごせますように。

やまたろうの経験則に基づいて執筆している記事ですので「違う違うそうじゃない。」と思われた方はそっと教えていただけると、とても嬉しいです。

ありがた迷惑!?バーの周年祝いではNGな贈り物

しぬほど眠いが口ぐせのBAR好き30代がデザイン・Webとかやりながら酒におぼれる

Copyright© しぬほどねむい , 2015 All Rights Reserved.