【超まとめ】ラインモバイルで格安スマホ!わかりやすく徹底解説!

こんにちは!こんばんは!やまたろうです!

  • 格安SIMに興味がある!
  • スマホの月額料金が高すぎる!
  • けど、正直よくわかんねえ!

なんてお困りではないでしょうか。
そんな方に向けて、オススメしたいのがこれ!
LINEモバイル

月々のスマホ代がめちゃくちゃ安くなります!
プランによっては5,000円くらい下がることも。

とりあえず、超わかりやすいように解説していきますね!

※とても長いので最初にざっくりとだけ知りたいひとは、LINEモバイルざっくりまとめから先に読んでみてください。

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

そもそも格安SIMってなに?
格安スマホと違うの?

まず、SIMっていうのはスマホに入っているカードのことです。
SIMカードがないとスマホは通話したりインターネットしたりできません。

※厳密に言うとWi-Fiがあればネットはできます

今まではSIMカードを買ってスマホを契約するならドコモ、au、ソフトバンクだけだったのが、もっとたくさんの会社から選べるようになったと考えればOKです。
わかりやすくいうとそれが格安SIMなんです。

ドコモの電波を使ってる

格安SIMで通話とかインターネットとかをする時は、それぞれの会社がアンテナたてて電波を飛ばしてるわけじゃないんです。
ラインモバイルもそうなんですが、多くの会社はNTTドコモの電波を借りて使ってます

こんなイメージ

格安スマホとは


本来はiPhoneとかXperiaとかGalaxyみたいな高機能で高価なスマホではなく、機能はそんなに良くないけど低価格なスマホのことを「格安スマホ」といいます。

でも、わりとごっちゃになってて、iPhoneでも格安SIMを入れて使ってれば「格安スマホ」って言ってる人もいます。

LINE MOBILE(ライン モバイル)はLINEが使い放題!

というわけで、まずは料金を!と言いたいところなんですが先にLINE MOBILEのメリットである「カウントフリー」についてご説明しておきます!

SNSはデータ量にカウントされない

スマホを使っていればほとんどの場合「月に使えるデータ量」が決まっています。
月末にデータ制限かかってネットが遅くてイライラ!なんて経験ありませんか?

LINE MOBILEを使えば「LINE」はもちろんのことInstagram、Facebook、Twitterを使ってもデータ量にカウントされないんです!
(プランや機能によりますけど)

また、月のデータ容量を使い切っても、SNSは高速のまま!

とくにインスタやFacebookは画像や動画がたくさん投稿されるのでうれしいですね!

LINEアプリの年齢認証機能・ID検索が使える!


実は一般的な格安SIMはLINEの年齢認証ができません。ドコモ、au、ソフトバンクのみ対応なんですね。
年齢認証が出来ないと「ID検索機能」が使えません。

ところが、LINE MOBILEはLINEアプリの年齢認証・ID検索ができるんです!

いままで「ID検索できないのはちょっとなあ」と思ってた方も、もう大丈夫です!

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

スポンサードリンク

LINE MOBILE(ライン モバイル)の料金プラン

さて、いよいよLINE MOBILEの料金プランを見てみましょう!
大きく分けて3つのプランがあります!

とにかく安さ重視のLINEフリープラン

「LINEフリープラン」はなんと月額500円から使えちゃう、一番安いプランです!
カウントフリーになるのはLINEアプリだけですが、LINEさえできれば別に大丈夫!っていう方におすすめのプランです!

LINEフリープラン料金表
データのみ データ
SMS
データ
SMS
音声通話
1GB 月額500 月額620 月額1,200
カウントフリーになる機能
LINEアプリ 音声通話 トーク 画像・動画の送受信 タイムライン

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

SNSするならコミュニケーションフリープラン

こちらがLINE MOBILEの標準的なプランと言っていいでしょう。

コミュニケーションフリープラン料金表
データのみ データ
SMS
データ
SMS
音声通話
3GB 月額1,110 月額1,690
5GB 月額1,640 月額2,220
7GB 月額2,300 月額2,880
10GB 月額2,640 月額3,220
カウントフリーになる機能
LINEアプリ 音声通話 トーク 画像・動画の送受信 タイムライン
Instagram タイムライン 画像・動画の投稿 アクティビティ ダイレクトメッセージ
Facebook タイムライン 画像・動画の投稿 コメント お知らせ表示
Twitter タイムライン 画像付きツイート ツイート ダイレクトメッセージ

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

音楽好きのためのMUSIC+プラン

SNSもたくさんするし、音楽もたくさん聞きたいならMUSIC+プラン!
こちらのプランはLINE MUSICを30日間無料で使える「MUSIC+利用特典30日間無料チケット」がついてきます!

LINE MUSICとは「LINE MUSICアプリ」でチケットを購入して音楽を聴けるサービスです。

  • 20時間分の音楽が500円で聴ける
    ベーシクップラン
  • 30日間音楽が聴き放題で980円の
    プレミアムプラン

というのがあります。

MUSIC+プラン料金表
データのみ データ
SMS
データ
SMS
音声通話
3GB 月額1,810 月額2,390
5GB 月額2,140 月額2,720
7GB 月額2,700 月額3,280
10GB 月額2,940 月額3,520
カウントフリーになる機能
LINE MUSIC 音楽・音声の聞く 歌詞・文章をみる 音源を保存 楽曲を検索
LINEアプリ 音声通話 トーク 画像・動画の送受信 タイムライン
Instagram タイムライン 画像・動画の投稿 アクティビティ ダイレクトメッセージ
Facebook タイムライン 画像・動画の投稿 コメント お知らせ表示
Twitter タイムライン 画像付きツイート ツイート ダイレクトメッセージ

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

プランの選び方とおすすめプラン

GBとか言われてもどれを選んでいいかわかんないよ!という方にプランの選び方を説明しますね!

  • 1GB(LINEフリープラン)
    ネットはほとんどしないし、メールや電話はするけど、LINEがあれば充分。
  • 3GB
    ネットで調べものするけど、家にいるときにWi-Fiですることが多い。
    通勤のときとかヒマな時はSNS見たり、ちょこっとゲームもする。
  • 5GB
    外でネットしたりアプリを使うことが多い。
    ハマっているゲームがある。
    動画もたまに見る。
  • 7GB
    外でネットしたりアプリを使うことがかなり多い。
    ゲームをするのが日課になっている。
    動画をついつい数時間見てしまうことがある。
  • 10GB
    外でネットしたりアプリを使うことがかなり多い。
    Wi-Fi?なにそれ?
    ゲーム三昧、動画をずっと観てる日がある。

家にWi-Fiがある人は3~5GBで足りるでしょう。
最初は多め・少なめのプランにしておいて、後から変更するということも毎月無料でできる(適用されるのは次の月から)ので
最初に契約するならまずは「コミュニケーションフリープラン 10GB」がおすすめです。

え?そんなにいらん?大丈夫!
LINE MOBILEは初月の月額基本利用料は無料なのです!
翌月までにプラン変更をしておけばOK!

データ量を気にせず、どのプランが自分に合いそうかじっくり考えましょう!

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

余った通信量は翌月に繰り越せる

ちなみに月間データ容量を使いきった場合でも追加購入できるんですが

  • 0.5GB(500円)
  • 1GB(1,000円)
  • 3GB(3,000円)

とかなり高額なんです……

あまったデータ容量は翌月まで繰り越せますので、できれば少し余裕のあるプランをおすすめします!

プラン変更できないパターンもあるので注意

一つ注意点ですが、プラン変更ができない場合がありますので気をつけてください。

  • データ→データのプラン変更のプラン変更は◯
  • 音声通話付→音声通話付のプラン変更は◯
  • データ→音声付のプラン変更は×
  • 音声付→データのプラン変更は×

LINE MOBILEはクレジットカードがない人でも大丈夫!

格安SIMはクレジットカードがないと申し込めない場合がほとんどです。
でも「クレジットカードは持たない主義」のひとって結構いるじゃないですか。
少なくしそうで怖い、とか使いすぎてしまいそう、とかで。

でも大丈夫!

LINE MOBILEはクレジットカードがなくても契約できるんです!

クレジットカードの他にLINE Pay、LINE Payカードでの申し込みが可能です!
※LINE Payでの支払いにはLINE Payにクレジットカードが登録されている必要があります。

LINE Payカードって?

クレジットカードっぽいけどクレジットカードじゃない

※引用 : LINE Pay

LINE Payカードとは手数料や年会費で登録できるチャージ式のプリペイドカードのことです。

LINEアプリからカードの申込みをすると1~2周間でLINE Payカードが届くので、チャージをしておけば登録のときにクレジットカードの代わりに使えます

チャージは銀行口座からのほか、近くのコンビニやATMからでもできるので便利!

LINE Payカードを申し込む
※LINEアプリが起動します

LINE MOBILE(ライン モバイル)のデメリットや注意点

ラインモバイルで格安スマホにするととにかく料金が安くなる!
けど、良いことばっか、というわけにもいかずデメリットもあるんです。
気にならないことも多いんですが、いちおうチェックしておきましょう。

ドコモのスマホ以外はそのまま使えない

いまのスマホのままLINE MOBILEの格安SIMを使いたい!という方。

ドコモのスマホをお使いのひとはそのまま使えます。
au、ソフトバンクユーザーのスマホの方は残念ながらそのまま使うことは出来ません。
SIMロックを解除して「SIMフリー化」する必要があります。

※先に行っておきますが、この時点で
「SIMロック?SIM解除??よくわからん!」というかたは契約してるスマホのショップに行って「SIMロック解除したい」と店員さんに言いましょう。

au、ソフトバンクのスマホを使いたい

au、SoftBankのスマホには「SIMロック」というのがかかっていて、ロックを解除すばLINE MOBILEを使えるようになります。

ただ、これにはつぎのような条件があります。

  • 2015年5月以降に発売された機種
  • 機種を買った日から181日目以降
  • 契約者本人である

2015年5月以降っていうのはiPhoneでいうとiPhone 6Sですね。

ソフトバンクショップやauショップに行けば解除してくれるんですが、手数料3,000円がかかってしまいます。
ネットからだと無料でできるんですが、慣れてないと難しいかも……特にau。

えー、SIMロック?SIMフリー?なんかよくわからんなーというひとはぶっちゃけ、素直に3,000円払うか詳しいひとに助けてもらったほうが良いです。

auのSIMロック解除
ソフトバンクのSIMロック解除

LINE MOBILEでセット購入する

LINE MOBILEではSIMカードとスマホをセットで購入できます。
「いま使ってるスマホも古くなってきたし新しくしたいなー」という方にオススメ!

セット購入すると「APN設定」というのがすでに完了しているのでスマホが届いたらスグに使い始められるんです!

※MNP(他社から乗り換え)の場合はマイページの「MNP開通申し込み」ボタンを押すかMNP開通受付窓口に電話する必要があります。

選べる機種は全部で6種類。

ぼくのオススメは「Vaio Phone A」か「Zenphone 3」です。
少し値段が高いんですが、性能は充分です!

ここでひとつ残念なお知らせが。
LINE MOBILEでスマホを買うには一括払いしかありません。
分割払いがないんです。

こればっかりはねえ、どうしようもないっす……

通信速度が遅くなる場合がある

LINE MOBILEはNTTドコモの回線を借りています。
なのでドコモと比べると、通信速度は落ちてしまいます。

車で例えてみましょう。

ドコモの速度が300km/h出るとするとLINE MOBILEは120~150km/hくらい、というイメージでしょうか。

でも120~150km/hも出りゃ充分じゃね?
実は、ネットにも同じことが言えるのです。

体感的にはほとんど違いがわからないくらいなんですよ。

回線が混雑する時間帯には遅くなることも


違いがわからない、といってもやはり借り物の回線。
たくさんの人がスマホを使うお昼休みなどの時間帯では回線が混雑して、「少し遅いなあ」と感じること場合も。

LINEをしたりネットをチェックするだけなら特に気にならないと思いますが、この時間に動画を観たり3Dゲームなど通信量が多いアプリを使う人は少しストレスが溜まるかもしれません。

キャリアメールが使えなくなる

LINE MOBILEにすると「キャリアメール」が使えなくなります。

キャリアメールって

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp

がついているメールアドレスのことです。

メールをするならキャリアメールの代わりにGmailなどを利用する必要があります。

っていうか、使ってます?キャリアメール。
「キャリアメールなくなんの嫌だから格安SIMにしない」って人は今一度よーーーく考えてください。

毎月3,000円以上安くなるんですよ?

さあLet’s LINE MOBILE!

音声通話をよくする人は注意

LINEモバイルはすっごく安くてとってもオトクなんですが、ひとつだけ苦手なことがあります。
それは電話をめちゃくちゃ使う人には向かないってことです。

LINEアプリなどの音声通話を使う分には全然問題ありません。
いわゆる、電話帳からかけるフツーの電話。

「カケホーダイ」や「スマ放題」などの電話かけ放題プランがないんですね。

通話料は20円/30秒なので
1時間電話しただけで2,400円もかかってしまうんです……!
それでもまだLINEモバイルの方がお得なんですが、月2時間以上電話するっていう人は気をつけたいですね。

あんまり電話しないっていう人やLINEでいいやって人には関係ないですし、むしろかけ放題プランに入らなくても良いってことなのですが。

「楽天でんわ」アプリを使えば10円/30秒にできるので上手に活用しましょう!

楽天でんわはIP電話やネット電話ではなく電話回線を使用しているので安定した品質の音声で安定した通話品質できます。

楽天でんわ -番号そのままで通話料がお得-

縛りは12ヶ月。でもそれ以降はいつでも解約OK

スマホを一回契約したら使い続けないといけない……ほんとゲンナリです。

残念ながらLINE MOBILEにも縛りがあります。

利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までに解約すると9,800円の違約金がかかります。

でもドコモ、au、ソフトバンクと違って自動的に契約更新されません。
13ヶ月目以降はいつ解約しても解約手数料は発生しません。

一年くらいなら普通に使いますし、ずーーーっと使い続けなくてもいいんです!

LINE MOBILEに申し込む前に!

LINE MOBILEに申し込む前に必要なもの、絶対にやっておきたいことを説明しますね!

契約のために必要なもの

LINEモバイルに申し込むにはあらかじめ用意して置かなければいけないものがあります。

本人が確認できる書類

まず、本人確認ができる書類です。
主なものをいうと、以下のどれかひとつが必要になります。

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート※
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証※

いずれも本人のもので、有効期限内でないといけません。
※のついているものは

  • 公共料金領収書
    (電気、都市ガス、水道の領収書)
  • 住民票

が必要です。
こちらも本人名義で「発行日から3ヶ月以内」「現住所の記載がある」必要があります。
※住民票はマイナンバーの記載がある場合、使えません。

これらは郵送するわけではなく、画像アップロードするのでカメラで撮影しておきましょう。
※光でとんだり影にならないように注意!

支払いができるもの

前に書いたとおり、支払い方法は次の3つ。

  • クレジットカード
  • LINE pay(クレジットカード登録済)
  • LINE payカード

LINE payカードにはチャージをしておきましょう。
月々の支払いもしていくので、ちょっと余裕を持ってチャージしておいたほうが良いです。

事務手数料3,000円がかかりますが、実はこれを安くすることができます!
その話はのちほど。

メールアドレス

メールアドレスはGmailでいいでしょう。
キャリアメールは使えませんので注意!

電話番号そのままで乗り換える場合は
「MNP予約番号」

ドコモ、au、ソフトバンクから電話番号はそのままでLINE MOBILEにする場合には「MNP予約番号」というものが必要です。

受付窓口に電話して「MNP予約番号を教えてください」と言いましょう。

※受付時間は9:00〜20:00までです。

MNP予約番号と有効期限を教えてくれるので必ずメモしましょう!

ちなみに、これでLINE MOBILEに乗り換えると解約手続きも同時にしたことになります
なので引き止められるかもしれませんが、スマホ代を格安にするために鉄のハートで!

MNP予約番号を聞いたら、すぐにLINE MOBILEに申し込みをしたほうが良いです。

なぜなら、MNP予約番号の有効期限は15日間なんですが、LINE MOBILEに申し込むには期限が10日以上残ってないといけないのです。

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

裏ワザ!事務手数料が69%オフ!


LINE MOBILEに普通に申し込むと事務手数料3,000円がかかるんですが、これをめちゃくちゃ安くすることができます。
その方法はAmazonでエントリーパッケージを買っておくんです。

これは「エントリーコード」というものが書かれていて、申し込みのときにこれを入力すると、事務手数料が無料になるんです。
※ただ、SIMカード発行手数料400円が必要になります。

なんかややこしいですが、これを買っておいたほうが絶対に得ってことです。

こちらから購入できます。

LINEモバイル データSIM エントリーパッケージ

LINEモバイル 音声SIM エントリーパッケージ

データSIM ⇔ 音声SIMの切り替えはできませんので注意!
MNP(乗り換え)の場合は「音声SIM」しか選べないので注意!

申し込みから利用開始までの流れ

準備は整いましたか?
それでは申し込みましょう!

おさらいをかねて、LINE MOBILEを申し込んでから使えるようになるまでの流れです。

※「APN設定」というのが出てくるんですが、めちゃくちゃ簡単で5分以内でできます。

新規電話番号で申し込みする場合

  1. Amazonでエントリーパッケージを購入
  2. 必要書類を準備
  3. LINEモバイルに申し込み目安時間:10分
  4. LINEモバイルSIM、セット購入ならスマホも届く翌日~3日
  5. ※スマホにLINEモバイルのSIMを挿入目安時間:5分
  6. ※入っているマニュアルを見てAPN設定をする目安時間:3分
  7. LINE MOBILEで格安スマホスタート!

※マークのあるやつはスマホとセットで購入した場合には必要ありません。

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

MNP(電話番号そのままで乗り換え)する場合

  1. Amazonでエントリーパッケージを購入
  2. 必要書類を準備
  3. MNP予約番号を入手目安時間:10分
  4. LINEモバイルに申し込み目安時間:10分
  5. LINEモバイルSIM、セット購入ならスマホも届く翌日~3日
  6. ※スマホにLINEモバイルのSIMを挿入目安時間:5分
  7. ※入っているマニュアルを見てAPN設定をする目安時間:3分
  8. 開通手続き目安時間:3分
  9. LINEモバイル側で開通処理目安時間:2~4時間
  10. LINE MOBILEで格安スマホスタート!

「8.開通手続き」っていうのはLINEモバイル「マイページ」の「MNP開通申し込み」ボタンを押すかMNP開通受付窓口に電話することです。
申し込みをしてから2時間程度で音声通話が利用できるようになりますが、データ通信はもう少し時間がかかることもあるようです。

なんかやること多くてめんどくせえなあ!
と思ってるかもしれません。

でも実際にやってみると拍子抜けするくらい簡単なんです。

届くまでにちょっと時間がかかったりして、スパッと切り替えれないのが歯がゆいですが、毎月のスマホ代のためにも是非チャレンジしてみてください!

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

【要約】超まとめのまとめ

というわけでSNSにやさしいLINE MOBILE(ライン モバイル)をなるべくわかりやすく、かつ徹底的にまとめてみましたが
なげえよ。

ここまで読んでくださった人はありがとうございます!

というわけで最後にざっくりおさらいしときます。

LINE MOBILEざっくりまとめ

格安SIMって?

  • ドコモ、au、ソフトバンクみたいなもん
  • ドコモの回線を借りてサービスを運営している

LINE MOBILEの良いところ

  • SNSが使い放題
  • LINEアプリの年齢認証・ID検索機能ができる
  • あまったデータ通信量は翌月に繰り越せる
  • クレジットカードがなくても契約できる

LINE MOBILEの料金プラン

  • プランは3つ。
  • 「コミュニケーションフリープラン 10GB」がおすすめ
  • LINE MOBILEは初月無料で毎月プラン変更できるから
  • 「音声 → データ」「データ → 音声」は変更できないので注意

LINE MOBILEの良くないところ

  • au、ソフトバンクのスマホをそのまま使うなら「SIMロック解除」しないといけない
  • LINEモバイルとスマホをセット購入もできる
  • 昼休みの時間帯は通信速度が遅くなるかも
  • キャリアメールは使えなくなる
  • 音声通話をよくする人は注意
  • 縛りは12ヶ月。だけど13ヶ月目以降はいつでも解約できる

LINE MOBILEと契約

  • 契約前に揃えておく必要があるのは

    • 本人確認書類
    • 支払いができるもの
    • キャリアメール以外のメールアドレス
    • (MNPするなら)MNP予約番号
  • Amazonで「LINEモバイル エントリーパッケージ」を買っておけば初期費用がお得になる
  • SIMカードやセット購入したスマホが届くまで申し込み翌日~3日かかる
  • APN設定をする必要があるけどすごく簡単
  • MNPするなら、届いてから使えるようになるまで2~4時間かかることもある

最初にもどる

というわけでSNSがたっぷりできる
LINE MOBILE(ライン モバイル)でした!

それではステキな格安スマホライフを!

LINE MOBILEに今すぐ申し込む!

【超まとめ】ラインモバイルで格安スマホ!わかりやすく徹底解説!

しぬほど眠いが口ぐせのBAR好き30代がデザイン・Webとかやりながら酒におぼれる

Copyright© しぬほどねむい , 2017 All Rights Reserved.